長崎市の腰痛・肩こり・首こり・無痛・頭痛・ぎっくり腰・ヘルニア・膝の痛み・手足の痛み等は長崎県長崎市のながさき自然整体院へお任せ下さい。


当店の考え方少し詳しく書いています


ながさき自然整体院は、あなたが持っている本来の「治そう・良くなろう」という機能を最大限に引出し、一時的なものでは無く根本から改善できるようにお手伝いをさせて頂くところです。

問題や苦痛があるならば、それを良い方向へ導いていく為にあなたの「正しく戻ろう」という力と私の「技術力」を合わせながら改善を目指す。

そういった場所です。
調整は、 無理に引っ張ったり、ボキボキ骨を鳴らしたり、マッサージするなど強い刺激で痛みやコリを一時的に〝ごまかす〟ものではありません。

解剖生理学、運動力学を駆使して高い専門性を持って正しい施術を行ってまいります。
刺激は全くと言っていいほどありませんが、普段あまり使わないインナーマッスル(深層筋)を動かし正確に調整します。

そうすることで、自分の力で正しい位置に体や関節が戻り、意識しなくても正しく体を支えられるようになっていきます。

そうしますと、客観的に見ても姿勢が良くなりそれと比例して痛みやコリ・体調不良が良くなっていく。

そのように導いて皆さんが快適に過ごせるようにお手伝いをさせていただくところです。

・事故の後遺症で悩んでいる
・首や肩の痛みやコリがあるとき
・痛みやコリがなかなか良くならないとき
・腰が痛い時
・頭痛が頻繁に出るとき
・体がだるい
・重いとき
・疲れが取れないとき
・歪みが気になるとき
・痛みがあってどうしたらいいかわからなくなったとき
・もう自分は治らないとあきらめたとき
・なんとなく体の調子が悪いとき


そんなときは「ながさき自然整体院」を利用して頂きたい・・・
私はそう思っています。

どんな小さな痛みでも辛さでもかまいません。
どんなにひどい状態や痛みでもかまいません。
痛みや辛さにレベルなどありません。

そういったときにご活用いただければと思います。

整体の施術って皆さんどんなイメージですか?

骨を「ボキボキ」して体をねじって、引っ張られて無理やり歪みを戻す・・・

そんなイメージを持っているのではないでしょうか?

体の歪みを直す。
骨盤を整える。
猫背を直す。
肩の高さを左右揃える。
首の傾きを整える。


これって、非常に技術力がいることで難しいんです。
簡単には出来ないし、皆さんのイメージとは全く違います。

無理やり戻そうとしても
骨をボキボキやっても
自分で常に意識して姿勢よくしても
筋力でカバーしようとしても
一生懸命ストレッチしても


それって解剖生理学的に突き詰めると全くの間違いなんです。
それでは正しく体の歪みは取れないのです。

この整体を私自身が、受けてみて、勉強してみて、実際に人の体を調整してきてそういった事が初めてわかりました。
「ながさき自然整体院」の施術は皆さんのイメージと全く違うと思います。
他の整体院やカイロプラクティックとも全くかけ離れた施術です。

しかし、
解剖生理学的、運動力学的に正しい施術はこの「自然整体」なのです。

調整方法は?

施術を受ける人は力を完全に抜いていただきます。

この時に完全に力が抜けることによって自律神経の副交感神経(リラックス・休息)が優位に働いてきます。

この副交感神経を優位に働かせることが重要なポイントになります。

そして、
施術する時に

皆様に緊張が入らないように、副交感神経がさらに優位に働くように、各関節の力が抜けた状態のまま関節と筋肉を正しく動かす施術を私の手の感覚を研ぎ澄まして行ってまいります。

無理に
伸ばしたり、
ボキボキしたり、
マッサージをすると


関節や筋肉・神経が緊張して萎縮しますのでそれらの行為はいたしません。

あくまでリラックスした状態で、正しい施術を行ってまいります。

このように施術をすると、「自分の力で姿勢が自然と本来の良い状態にもどろう」となるのです。(恒常性が働く)

その結果、
体の歪みが自然な形で取れて、関節や筋肉・神経にかかる負担も無くなり根本から痛みやコリ・体調不良が段々と改善できるようになります。

そういった施術を行っていくところです。

結論から言いますと、体の歪みが取れてバランスが良くなるとほとんどの人の体調が良くなり、痛みやコリなど苦痛が改善されています。

ながさき自然整体院では実際にそのような方が多くいらっしゃいます。

では体が歪むってどんな感じ?

猫背になって頭が常に前に突き出した姿勢になります。
歩き方もガニ股やX脚になり歩く姿が悪くなります。
お尻が垂れさがったり、出っ尻になったりします。
肩の高さが左右で違ったり、首が右や左に傾いたりします。
背骨や骨盤も曲がってバランス悪くなります。


体のバランスが悪いということは、それだけ筋肉や骨格・関節が正しい状態で常に支えられていないということです。

ですから関節はもちろん、筋肉・内臓・神経などにも負担がかかります。

そうなると血液の流れや、リンパの流れも当然悪くなるのでからだ全体に悪影響を及ぼします。

自律神経も乱れやすくなり、それが原因で体調不良を起こす場合もあります。

体も疲れやすくなり、疲れが取れにくくなり常に体が重く頭痛や不定愁訴などよく原因が分からない体調不良に見舞われることもあります。

このように体の歪みは皆さんが思っている以上に体調面に悪影響を及ぼしているのです。

このように考えると、体の歪みを整えるということは健康面でとても大事なことだと言えます。

体の歪みを取るということは、痛みやコリなどの今現在の症状を改善しなおかつ、健康な状態を保てる予防医学にも繋がります。

今一度、ご自分の体の歪み、健康について考えてみてください。

血液の流れが悪い
リンパの流れが悪い

痛みやコリがあるとこういった事が原因だとよく耳にしませんか?

血流が悪いから・リンパの流れが悪いから

押して流れを良くする。
温めて流れを良くする。
動かして流れを良くする。
ほぐして流れを良くする。
電気を当てて流れを良くする。


そういった治療や施術を受けたことがある人も多いと思います。

でもこれって、一時的に流れが良くなるだけじゃない?
時間が経つとすぐ流れが悪い状態に戻るのでは?


そういった疑問をお持ちの方も多いと思います。
実際その通りだと思います。

〝なぜ血液・リンパの流れが悪くなっているのか?〟

という根本的な原因解明、それに対する施術や治療がなされていないように思います。

血液・リンパの流れが悪いのなら「24時間、常に流れが良い状態にしないといけないのでは?」

そう思うのです。
では、
血液・リンパの流れが悪くなる原因はなんでしょう?

血液が通る血管
リンパ液が通るリンパ管

これらが、何だかの原因で

折れ曲がったり
引っ張られて細くなったり
圧迫されて細くなったり


そういった事が体の中で起こっているのだと推測されます。

その原因の1つに体の歪みは大きく関係しています。

体が歪むことで血管やリンパ管が、圧迫されて折れ曲がったり、引っ張られて細くなったりして血流やリンパの流れが悪くなっています。
ではどうすればいいか?

歪んだ体のバランスを整えることで細くなったり圧迫されたり折れ曲がったりしていた血管やリンパ管も正しい本来の状態に戻りますので、血液・リンパの流れも24時間スムーズに流れる。

こういった状態に改善されます。

このように体の歪みが整うと、体の中では血液・リンパの流れも良くなりその状態が持続されるのです。

自律神経ってよく耳にしませんか?

どういった働きがあって体にどういう影響があるのか皆さんご存知ですか?
自律神経は2つの真逆の働きをする神経に分かれます。

それが、交感神経と副交感神経です。

◆交感神経は・・・
昼間活動している時に優位に働く神経です。

仕事したり
運動したり
緊張したり
恐怖を感じたり
怒ったり
心配事があったり
ストレスが溜まったり
ストレッチしたり
強い刺激を入れたり

そういった時に優位に働く神経です。

◆副交感神経は・・・
交感神経と逆の働きをします。

ゆっくり食事をしている時。ゆったり休息している時。眠っているとき。

こういったリラックスしている時に優位に働くのが副交感神経です。

人の体が回復、修正、治癒するときはこの副交感神経が優位に働いている時です。

ゆっくり、リラックスして眠っている時に人の体は治そうという力が働きます。

ながさき自然整体院で、施術を受ける方に力を完全に抜いていただく理由は、この副交感神経を優位に働かせた状態で施術を行いたいからです。

受者がリラックスできたまま、副交感神経が働いた状態のまま、その状態で正しく関節、筋肉を調整するから体の歪みが取れてくるのです。
今までながさき自然整体院で初めて施術を受けた人で「力を完全に抜ける人」はほとんどと言っていいほどいませんでした。

皆さん芯から力が抜けていない。抜くことが出来ていない。そういった方がほとんどです。

ご自分では完全に力を抜いているつもりでも、肩に力が入っている。肘に力が入っている。足に力が入っている。膝に力が入っている。

そういった方ばかりです。

それだけ、痛みやコリなど体調が良くない人は、無意識に常に力が入っているということが言えます。

リラックスしている状態でも、交感神経が無意識に働いている人が多いということです。

常にどこかに力が入って、交感神経が働いている・・・

それでは、体が芯から休まりません。

関節や筋肉に常に力が入っていて負担になります。
常に筋肉が緊張していると、体が緊張している方向へ常に引っ張られますので体が少しずつ歪んでいきます。

体が歪んでいきますと、体の支え方が正しく無くなるのでさらに緊張が入ってしまします。

交感神経がさらに働いてしまします。

そうなるとさらに体を支えるバランスが悪くなり・・・

という風に悪循環におちいり、その状態からなかなか抜け出せなくなります。
私は、そういった状態で慢性的に痛みやコリが取れないという人をたくさん見てきました。

それだけ、力を抜きリラックスして副交感神経を優位に働かせ自律神経のバランスをよくするということは体調を良くすることにとても重要な要素になるのです。

逆に緊張させるような運動や体操ストレッチ。骨をボキボキする。マッサージする。意識的に姿勢を良くする。無理やり体を固定させる。

これらの行為は交感神経を優位に働かせることになるので私のところでは、改善するまでやめていただくようにお願いをいたしております。

それが、早く改善させるコツなのです。

痛みがあると

筋力不足が原因
運動不足が原因
体が硬いのが原因


そう思っている人が多いと思います。

でも実際に痛みやコリ、体調が良くない人で運動・体操・ストレッチなどを行って改善された人はどのくらいいるのでしょうか?

一生懸命運動しているのに、毎日ストレッチしているのに全然良くならない。

少しは良くなった気がするけどそこから改善されない。
返ってひどくなっているように感じる。

そう思っている人もたくさんいるのではないでしょうか?

もちろん運動してストレッチして体が良くなった、痛みが取れたという人もいらっしゃると思います。

しかし、
運動しても
ストレッチを一生懸命行っても
なかなか痛みやコリが取れない

そういう人は、

運動やストレッチをすることで逆効果になっている場合が多々あります。

運動して良くなったという人の中にも、ある部分の痛みは取れたが別のところの痛みが取れなかった。

もしくは、今まで痛くなかったところに痛みが出だした。

と言ってうちへ来られる人もいらっしゃいます。
ながさき自然整体院で施術を受けた方へは、こういった運動やストレッチをしないようにお願いをしております。

その理由は、運動やストレッチをすることによって痛みやコリがある患部にさらに負担をかけるからです。

痛みやコリがあるということは、そこの関節や筋肉・神経の部分に炎症など何だかの異常が発生しています。

運動やストレッチをするということは、その痛みやコリがある部分にさらに大きな負担をかけることになります。

痛みやコリを良くするには、異常がある部分に負担が来ないようにしないといけません。

姿勢が悪いから、関節などに負担がかかった状態で毎日を過ごしているので痛みが取れないのです。

その状態で運動やストレッチをするということは、ただでさえ日常的に負担がかかっている患部にさらに負担をかけることになります。
さらに体が歪んだままで運動をするということは、歪んだ状態のままで筋肉が付いてしまいます。

歪んだままでストレッチをすると歪んだ状態のままで筋肉が伸びてしまいます。

そして、自律神経も乱れます。

運動やストレッチをすることで、交感神経(緊張・活動)が優位に働いてしまい副交感神経(リラックス・休息)とのバランスが悪くなって自律神経のバランスも崩れてしまします。

人の体が治るときは、休息して副交感神経が優位に働いている時に治そうという力が働きます。

運動して活動させて、ストレッチして無理に筋肉を引っ張ると交感神経が優位に働き返って治りが悪くなります。
そういった理由で痛みやコリ・体調不良を改善させるには、運動やストレッチをしない方が効果的です。

体のバランスが良くなって痛みやコリが改善されてから運動やストレッチをするようにした方が運動やストレッチ効果も上がります。

そういった理由でながさき自然整体院では、痛みが改善されるまで運動やストレッチを控えていただくようお願いをしております。

一般的に言われています「体が歪む原因」は、歩き方が悪い。
姿勢を意識して良くしていない。
バッグを同じ肩にいつも下げている。
椅子に座った時いつも足を組んでいる。
体が硬いのが原因
など。

そう思われている方が結構いらっしゃいます。

しかし、解剖生理学的に言いますとこれらが原因ということはありません。

もうすでに姿勢が悪い状態なので

歩き方が悪くなる。
姿勢を意識して良くしようとしてもすぐに悪い状態に戻る。
無意識にバッグを同じ肩にいつも下げてしまう。
椅子に座った時いつも足を組んでしまう。


そうなるのです。

つまり体のバランスが崩れているので 無意識にこのような動作をしているのです。

歪みが取れると・・・

歩き方も自然と良くなり、姿勢も意識しなくても良くなり、バッグを意識しなくても左右にかけ、椅子に座っても足を組まなくなる。

このようになります。
では、体が歪む原因はなんでしょう?

これ1つが歪みの原因ということではなく、皆様が生まれて今日まで生きてきた過程に色々な要素が含まれています。

歪みの原因は・・・

小さい時からの床の座り方。
右利き、左利き。
ケガをした。
事故にあった。手術した。
仕事がら同じ姿勢をしている。
強くどこかをぶつけた。
スポーツを長年していた。
出産した。
自分で一生懸命ストレッチをしていた。
自分で骨をボキボキ鳴らしていた。
いつも緊張していた。

などなど。

日常生活の中で歪む原因はたくさんあります。

それらの事が積み重なって今の皆さんの体が歪んだ状態になっています。
本来は、日常生活で体が歪んだとしても寝ている間にリセットされます。

リセットされて歪んだ体も元の正しい状態に戻ります。

しかし、歪んだ状態がひどいと、寝ている間に取りきれない歪みが出てきます。

歪みがリセットされないと、歪みが残ったままで日常生活を送ります。

そういったことが、毎日毎日積み重なっていくと体の歪みが自分の力だけでは戻りきれなくなり、歪んだ状態で固まってしまいます。

そして、そういった状況が何年・何十年と続きます。

その状態が今のあなたの歪んだ体になるわけです。
歪みが大きければ大きいほど、関節や筋肉にかかる負担も大きくなり、痛みやコリ・体調不良が出る可能性が大きくなります。

また、歪んだ状態が長ければ長いほどその状態で固まっているので改善させるのがそれだけ時間がかかります。

体の歪みは、

意識して姿勢を良くしても
骨をボキボキ鳴らしても
ストレッチしても
筋肉をつけても


歪みが取れる可能性はありませんので専門のところで正しい施術を受けた方がよろしいかと思います。



ページトップへ戻る
Copyright(C) 2011-2017 ながさき自然整体院 All Rights Reserved.